宇宙での領土(宙域)争い、始まる? ラグランジェポイントL4・L5をアメリカが狙ってる [788192358]





1 ::2021/07/15(木) 12:34:21.20 ID:3JRMX6/d0●.net ?2BP(10000)
https://img.5ch.net/ico/999991500948725.gif
宇宙での領土争いが始まる〜米ヴァージン・ギャラクティックが有人試験飛行に成功
7/13(火) 17:30
配信
ニッポン放送

奥山)最初はこういう形で我々は宇宙に進出していますけれど、そのうち領土争いをするようになるのではないかと思います。初めは旅行ですけれど、本格的に宇宙に人間が進出するようになると、ますますガンダムの世界が来るのではないかというところです。

飯田)スペースコロニーなどの話になるのですか?

奥山)スペースコロニーの話ですね。宇宙における、「宇宙地政学」というものがあります。

飯田)宇宙地政学?

奥山)すでに「宇宙で領土を取り合う時代になる」ということを、日本のアニメがうまく説明しています。月と地球の間には、重力が合わさっている中間点があるのです。そこにコロニーを置こうという話がいろいろあります。実際に人工衛星をどこに置くのかということで、宇宙での場所取りが激化している部分はあります。

飯田)宇宙での場所取りが。

奥山)小さい国も人工衛星をたくさん飛ばしています。静止衛星のようなところ、地球のちょうど上にある場所というのは、とても混んでいまして、そこをどこの国が取るのかで勢力図が変わるというような話です。

飯田)重力と遠心力がちょうど釣り合うところですよね。

奥山)そうです。いまは人工衛星のレベルですが、そのうち有人の方でも出て来ると思います。ニュースそのものは、「ちょっとした宇宙旅行」といったものなのですけれど、その先に進んで行くと、なかなか夢のある「ガンダムの世界」になるのではないかと思います。

飯田)中国は、独自の宇宙ステーションを打ち上げようとして、いま資材を運んでいます。

奥山)やっていますね。

飯田)領土という概念を、宇宙空間においても主張する国が出て来る可能性があるということですね。

奥山)月と地球の間に「ラグランジュポイント」という名前で、ガンダムではよく出て来るポイントがいくつかあります。月と地球の重力が釣り合っていて、人工衛星を置いておける場所がいくつかあります。アメリカの人たちは、80年代からアメリカ議会のなかにロビー団体をつくって、ラグランジュポイントL4、L5などがあるのですけれど、「そこを取っておかなければいけないのだ」と動いているのです。それこそ、ガンダムの世界なのですけれど、実際に政治的には、このような動きがあって面白いですよね。

https://news.yahoo.co.jp/articles/b7887c44a77bcd6aa60b47cea3567bbc123f85fa?page=1

118 ::2021/07/15(木) 15:58:37.05 ID:Lk+C0BEq0.net

俺はジャージ部好きだったんだけど何故かネットでの評価は低い

118 ::2021/07/15(木) 15:58:37.05 ID:Lk+C0BEq0.net

俺はジャージ部好きだったんだけど何故かネットでの評価は低い

128 ::2021/07/15(木) 16:47:54.96 ID:N9CxrlTz0.net

宇宙条約は国家が宇宙を占領するのを禁止してるけど
民間企業が占拠しても規制ないからね
月協定って民間も保有禁止した奴もあるけど、何処の宇宙ロケット打ち上げ国も批准してない
北欧あたりのオナニールールだから従う必要なし

だからアメリカが民間宇宙企業育ててるのはその為
資本主義はいよいよ宇宙にまで拡大するのさ

日本としてはパヨク辺りが月協定加盟運動を起こさない様に注意が必要

138 ::2021/07/15(木) 19:19:37.02 ID:w2bcHqmm0.net

>>129
何が言いたいか分からんがラグランジュ点に人工物を設置するメリットは地球との相対速度がほとんど一緒ということ
人工衛星も自転と合わせた静止衛星軌道は価値が高いだろう

地球と月のラグランジュ点はあんまり使い道ない気がする

41 ::2021/07/15(木) 12:55:37.59 ID:vfn0RPzR0.net

>>22
両津不動産

100 ::2021/07/15(木) 14:48:44.17 ID:T+Uj9XZK0.net

先に軌道エレベータ作れ

毎回打ち上げじゃ金が足りなくなるだろ

44 ::2021/07/15(木) 12:56:26.37 ID:m2ETE6mU0.net

要するに月がある位置が地球の重力と月の遠心力が釣り合っている場所で、そこから内側に入った質量は地球に引かれて落ちるわけだ

137 ::2021/07/15(木) 19:12:06.79 ID:wV05/neY0.net

廿廿 ・・・マジ ヤバクネ?

99 ::2021/07/15(木) 14:48:26.59 ID:a3gWswRN0.net

ムーンライトマイル

49 ::2021/07/15(木) 12:59:03.68 ID:m2ETE6mU0.net

>>43
意外だけどガンダム宇宙世紀世界の人類は火星にも植民してないんだぜ。

でも木星までヘリウム取りに行くよーって事業はやっている

25 ::2021/07/15(木) 12:48:35.69 ID:0QVz2Tnj0.net

わーい! でくちら

96 ::2021/07/15(木) 14:43:47.83 ID:JgM3+fcz0.net

>>27
オリジンでサイド7がくそ田舎扱いだった理由がわかったわ

123 ::2021/07/15(木) 16:27:57.76 ID:VR7/C9su0.net

ハチマキの海!

130 ::2021/07/15(木) 17:05:33.30 ID:JCTBwD+00.net

地球-月のラグランジェポイントが、そんなに意味があるモノなのか分からん。

普通に人工衛星ではあかんのか?

84 ::2021/07/15(木) 13:39:37.30 ID:ghRZX/ji0.net

住むならやっぱ月に近いとこがいいよね
L3とか最悪

76 ::2021/07/15(木) 13:24:25.73 ID:cCAnlGRv0.net

ポリスノーツのビヨンドはL5な

52 ::2021/07/15(木) 13:02:02.62 ID:bpMiBkLNO.net

火星にも住んでるぞ
火星独立ジオン軍とかオールズモビルとか

105 ::2021/07/15(木) 15:12:04.76 ID:w2bcHqmm0.net

>>15
地球の引力の影響で、ラグランジュ点以外だと地球と同じ公転周期で太陽を周れない

正確に表現すると「地球と太陽の合成した引力」と「地球と同じ公転周期の遠心力」が釣り合う場所がラグランジュ点

17 ::2021/07/15(木) 12:45:13.49 ID:kTg9pGlC0.net

サイド2とサイド3は作らせない

104 ::2021/07/15(木) 15:07:17.12 ID:VNwR1TJQ0.net

タムをしらんかのう

51 ::2021/07/15(木) 12:59:59.90 ID:0Pj9J+ti0.net

L5発症

110 ::2021/07/15(木) 15:21:21.18 ID:372a174O0.net

実際 音響探査で月は鉄球体で空洞だろうって言われててて 地表は1mぐらいの石埃って
いうのが 現在の認識だからね。更に米国ペンタゴンはUFOの映像を公式に認めたから.
いるかもね。月よりの使者の地底人が。

37 ::2021/07/15(木) 12:53:18.72 ID:1bnCwGBP0.net

おいら位置エネルギーはないと思いますがいかがでしょうか

63 ::2021/07/15(木) 13:13:44.87 ID:gALnswNb0.net

月と地球の重力のつり合う所は、月の公転軌道面上に円形に存在する訳で、何点もあるのか?

75 ::2021/07/15(木) 13:23:29.99 ID:jZYKOinh0.net

>>50
それ考えると銀英伝のスケールは無駄にでかすぎだよなw
範図拡げ過ぎて地球規模の惑星なのに人口5万人とかあるしw

77 ::2021/07/15(木) 13:24:52.04 ID:MI6hA03j0.net

金さえあれば、事故を装ってダミーの衛星ぶつけて相手を追い出した後、本命の衛星を配置すりゃ良いだけだな。
中共なら、それ位やるだろ。

28 ::2021/07/15(木) 12:49:50.48 ID:K156EOzv0.net

>>5
スペースコロニーは、ラグランジュポイントにあるって設定。
(本編で『ラグランジュ〜』って言葉は出てないと思う)

46 ::2021/07/15(木) 12:57:17.81 ID:vvGWmN/z0.net

サイド3は渡さない

83 ::2021/07/15(木) 13:32:07.79 ID:4tPUfMhL0.net

まずは月にフォン・ブラウン市とグラナダを作る方が先だろ?

8 ::2021/07/15(木) 12:38:32.55 ID:qKyw+vsQ0.net

>>2
みんな狙うだろ





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS

新着記事

スポンサーリンク

 

アーカイブ

カテゴリー