【芸能】寺島進の「原動力」は北野武と松田優作さん、惚れた男の大きな背中を追って [砂漠のマスカレード★]





1 :砂漠のマスカレード ★:2020/06/07(日) 05:03:33.18 ID:odfoFvh39.net
ヤンチャでひょうきんな畳店の息子が役者を志した。半端を嫌う行動力で、つかみ取ってきたチャンス。ヤクザ映画の強面から、人情派の駐在刑事役まで、役者1本で突き進んできた寺島の原動力は、惚れた男たちの大きな背中だった。

「18歳で初めて成城に降り立ったときは、本当に驚いたなぁ。同じ東京にこんなにおしゃれな街があるなんてね。映画スターが豪邸の前で車を洗っていたりして。“あぁ、ここは成功者の街なんだあぁ”って気がしたんですよね」

自分の好きな道って、何だろう
 寺島進(56)は、俳優としての第一歩を踏み出した街の思い出を懐かしむように語り始めた。江東区の下町・深川で生まれ育った彼は、高校卒業後、三船敏郎が成城に創設した『三船芸術学院』に入学。それが、今日まで約40年にわたって続く役者人生の始まりだった。

 北野武監督作品をはじめ、『踊る大捜査線』シリーズや、『アンフェア』などのヒット作で、確かな演技力によって作品を盛り上げてきた“いぶし銀”の俳優。大河ドラマ『真田丸』で演じた真田家の家臣・出浦昌相の姿が脳裏に焼きついている人も多いだろう。本人いわく、“いちばんのファン”は、自身の母親なのだという。

「おふくろは、いちばん的確な評論家でもあって“このドラマでは顔が疲れていた”とか、“セリフにキレがない”ってズバリ言い当ててくる。この前なんて、“クイズ番組には出ないでよ。あんたバカなんだから恥ずかしいわよ”だって(笑)。もう50代なのに、おふくろにとっては“深川を駆けまわっていた少年”のままなんだろうね」

 実は、彼が俳優の仕事だけで食べていけるようになったのは、30代後半。それまでは、アルバイトを掛け持ちしてなんとか食いつないできた。

 “芸能界で成功するには、実力だけでなく運も必要”とよく言われる。ただ、寺島の場合は、運が天から降ってくるのを待つのではなく、自ら先回りして動き、運をつかみに行く人生だった。

「だって自分から動かないと、運ってやってこないと思うから、まず行動を起こすことが大事。その一方で、決して自分の力だけでここまでやってこれたわけじゃない。今も、多くの人に支えられて浮かび上がらせてもらっているってことを常に感じています」

 日本を代表する名バイプレーヤーは、この世界でどのようにチャンスをつかみ取ってきたのか。その半生には、己の気持ちにまっすぐ向き合う姿勢と、憧れの人への深い敬愛の念があった。

 寺島が産声をあげたのは、東京オリンピックを1年後に控えた’63年。深川で畳店を営む両親のもと、3人兄弟の次男として育った。

 中学生で早くも髪型をリーゼントに変え、高校生になると制服をボンタンにするなど“ちょいワルなおしゃれ”にも目覚めていったそうだ。

「勉強が嫌いで、おふくろには“勉強しなさい”ってよく怒られていたなぁ。両親から“店を継いでほしい”と言われたことは1度もなかった。もしかしたら、心の奥ではそういう気持ちがあったのかもしれないけど、当時、すでに畳店は斜陽産業でさ。親父は“お前の好きな道に進めばいい”と言ってくれていたんです」

 自分の好きな道って何なのだろう─。ヒントを与えてくれたのが、近所のおじさんに言われた「進は目立ちたがり屋だから、人前に出るような仕事が向いているんじゃない?」という言葉だった。

「目立ちたがり屋っていっても、同級生とバンド組んで演奏したり、学校や身内の宴会でピンク・レディーのモノマネをするぐらいのレベルだったんだけどね。でも、たしかに俺、人を楽しませることが好きなんだなって思ってさ」

 

https://news.yahoo.co.jp/articles/ab0a50741e9088868749bbc8afd52dc72f0668bb
5/31(日) 13:00配信

https://www.youtube.com/watch?v=MGLqPqzBXEw
Brother OST – I love you… Aniki (Joe HISAISHI)

https://www.youtube.com/watch?v=5pnv-OChLDA
Hana-Bi (1997)

https://www.youtube.com/watch?v=544bkI1hmGkKids Return OST – Kids Return 15 – Joe Hisaishi

2 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:04:35.56 ID:lYRum9ZT0.net

思ってたより身長低い

3 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:05:18.03 ID:odfoFvh30.net

そんなとき、三船芸術学院のパンフレットを見て、興味がわいた。三船芸術学院は、三船プロの俳優養成所。新劇や殺陣などさまざまなカリキュラムを学ぶことができる。

「いくら好きな道といっても、まさか俳優の養成所に行くとは思わなかったらしく、両親は猛反対。それもあって、授業料は自分で払って、2年間まじめに通った。土木作業員や歌舞伎町のクラブなんかでアルバイトして学費を稼いでね」

大スター・松田優作さんとの出会い
 卒業後は、養成所で指導を受けていた殺陣師・宇仁貫三さんに弟子入りし、宇仁さんが率いる剣友会『K&U』へ。来る日も来る日も殺陣やスタントの稽古を重ねた。

 剣友会には、時代劇などでスターと斬り合う、
いわゆる“斬られ役”の仕事や、乱闘シーンなどを演じるチンピラ役のオファーが連日のように入ってくる。
寺島の記念すべきデビュー作は、ドラマ『太陽にほえろ!』。
簡易宿泊所にいる「その他大勢のチンピラ」の1人だった。

「本物の撮影現場は初めてだったから、現場の熱気をビシバシ感じて興奮したなぁ。
こういうドラマの仕事は、撮影の前日に制作会社から事務所に依頼が来ることが多い。
で、事務所で当番係をやってる先輩が誰を割り当てるか決める。当時、剣友会には20人ほど先輩がいたので、顔と名前を売るために用もないのに事務所に顔を出していました」

 

4 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:05:48 ID:odfoFvh30.net

スタントマンとして現場に赴くこともあった。
高所から飛び降りたり、坂を転がり落ちるといった危険を伴うシーンには経験と訓練を要する。
そのため、“吹き替え”といって、スタントマンにスターの衣装を着せ、顔が見えないようにして撮影するのが一般的だ。

 吹き替えの仕事をしながらも、“いつかはスターに”という野心をみなぎらせていたのではないか。
そう尋ねると、意外な答えが返ってきた。

「それが、当時はそうでもなかったんだよね。殺陣や吹き替えの仕事にやりがいを感じていたし、スタッフと役者の間のようなポジションが楽しかったんです」

 剣友会の先輩にあたる二家本辰己さん(67)によれば、当時から寺島は眼光鋭く、現場でも存在感を放っていたそうだ。

「テラはランクが違った。
スタントでは、みんなケガが怖いからセーブしながらやるんですが、あいつは思い切り転がり落ちるから、よくケガしてましたね。
“骨にヒビ入っちゃって”なんて苦笑いしながら手を三角巾でつって稽古場に来たこともありました」

 このころ、転機となる出来事があった。
それが松田優作さんとの出会いだ。寺島は、二家本さんが殺陣を手がけていたつながりで、松田さんが初監督を務めた映画『ア・ホーマンス』にヤクザの組長の手下役として出演。二家本さんは、「役の心情や背景まで考えて演じていた」と評す。

 そんな寺島を松田さんも見逃さなかったのだろう。寺島が振り返る。

「カットの声がかかると、優作さんが駆け寄ってきてくれて“お前、いいなぁ”って肩を叩いてくれて。それに、優作さんは、大スターなのにスタッフみんなに気を配っていて、すごく面倒見がいいんです。男として、人としてカッコよくて、憧れましたね」

 

5 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:06:34 ID:wiJ/QbT/0.net

なぜバイプレイヤーズの続編に出なかったのかねー
あんな結末になって本人も悔やんでるのだろうけど

6 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:06:42 ID:odfoFvh30.net

松田さんと過ごした日々の思い出は、寺島の心の宝箱に今も大切にしまってある。

「稽古場の洗面所でうがいをしていたら、優作さんに静かに叱られたことがあったんです。
俺のうがいの仕方が下品だったんだろうね。“稽古場は神聖な場所。
そういううがいなら、トイレでやってこい”って。でも、優作さんはそれだけでは終わらない。その後、飲みに連れていってもらったときに、“さっき言った意味、わかるか”って聞いてくれた。“俺のことを本当に思ってくれているんだな”って感じて、ジーンとしましたね」

北野武監督の言葉に一喜一憂
 当初は芸能界入りを反対していた両親も、息子の活躍を陰ながら応援するようになっていた。

「父からは、“作品を見たぞ”と直接言われたことはなかった。でも、“あんたが出演したドラマを、父さんが夜中に1人で見てたよ”って母から聞いて……」

 このころ、寺島は初舞台を経験するなど、活動の幅を広げつつあった。“斬られ役”とはひと味もふた味もちがう役者としての表現があることを知り、新しい世界を見た気がしたという。

 時を同じくして、最愛の父が亡くなった。遺影を前に浮かんだのは、かつて父がくれた“好きな道に進みなさい”という言葉─。

「後悔のないように生きよう、自分が目指す道に進もう。
そう考えたとき、やはり本当にやりたいのは、殺陣師ではなく役者なんだとはっきり気づいたんです」

 役者をやりたい。
その意志を確固たるものにしたのが、北野武監督の存在だった。当時、北野監督は、
“芸人・ビートたけし”としての枠を超え、映画監督に挑戦しようとしていた。
寺島は、北野監督が初めてメガホンをとった『その男、凶暴につき』のオーディションに参加し、ヤクザの手下役をつかみ取る。

7 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:06:57 ID:be6Vjrrc0.net

気持ち悪い

8 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:07:42.74 ID:odfoFvh30.net

なにより、北野監督は、大スターから俺たちみたいな若手まで、同じ態度で分け隔てなく接してくれた。
俺が緊張していたら、気さくに話しかけて和ませてくれたのは、今でも忘れられないですね」

 この少し前に父を失ったこと、そして、憧れていた松田優作さんが亡くなったことも、
北野監督への憧れをいっそう強くさせたのかもしれない。

「失意の中で出会ったのが北野監督だったから、亡くした2人の生まれ変わりのように感じていたんだろうね。
その北野監督が映画に出演させてくれて、役者になれるかもしれない希望を与えてくれた。だから、中途半端なことはしたくないって思ったんです」

 剣友会に所属したままでは、アクションがメインだと思われてしまう。
そう考えた寺島は剣友会をやめ、フリーランスに転じる。
人脈と経験がものをいう芸能界において、駆け出しの役者がフリーランスで活動するのは、無謀な挑戦ともいえる。それでも、寺島はセリフや演技で勝負する役者を目指すことにこだわった。

「アクションメインの仕事はすべて断った。
生活は苦しかったけど、断らないといつまでも“斬られ役”のイメージが消えないと思ったから。連日、制作会社にプロフィールのファイルを持って行って自分を売り込んでいました」

 

9 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:08:25.94 ID:odfoFvh30.net

一方で、寺島が何よりも待ち焦がれていたのが、北野監督からのオファーだった。
『その男、凶暴につき』の打ち上げで、「次に俺が映画を撮ることがあったら、絶対に呼ぶからよ」と言われていたからだ。

 しかし、2作目のとき、寺島には声がかからなかった。
いてもたってもいられなくなり、わざわざ映画のスタッフに電話で確認したという。

「そうしたら“1作目とは異なるキャスティングでやるから、前回出演した人は出られない”と聞いて。
それならしかたないと思いながら2作目を映画館に見に行ったら出ていたんだよ! 前作のキャストが。
“もう監督は俺のことなんて忘れちゃったのかな”って落ち込んだなぁ。
だから、3作目でオファーが来たときは飛び上がらんばかりでした」

 その3作目が『あの夏、いちばん静かな海。』だ。
この撮影のとき、監督がかけてくれた言葉に当時27歳だった寺島の背筋は伸びた。

「“あんちゃん、まだ売れてないかもしれないけれど、役者って仕事は一生続けていきなよ。
役者は、死ぬまで現役でいられる。
今売れてなくても20年後、30年後に売れて死ぬ間際に天下取ったら、あんちゃんの人生、勝ちだからよ”って言ってくれてね。
この言葉がすごく大きな勇気を与えてくれた。
“俺、まだ売れてないけど、一生、役者を続けていいんだ”って思えて、覚悟が決まったんです」

10 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:08:32.12 ID:r11A3Ttv0.net

魁!花の応援団の実写をやらないかな?

11 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:11:32 ID:O2nO9Fq+0.net

とんぼの頃が一番怖そうにみえた

12 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:12:03 ID:nKxHi/0L0.net

スーツアクター時代

13 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:12:22.15 ID:KP+5FFId0.net

全部一緒

14 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:15:41.30 ID:K4h4hDG00.net

前にテレビで見たときも滝のように汗をかいて扇子で顔をあおいでた
いいかげんアレはやめたほうがいいと思うよ

15 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:17:45.89 ID:ONDh7zVO0.net

>>7
お前自身がだろ
お前気持ち気持ち悪いよ

16 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:17:50.77 ID:W5QfSveY0.net

>>12
何故ピンクw

17 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:19:10.90 ID:Qhkc+DKa0.net

たけしさんのヤクザ映画だったと思うけど
銃で頭を撃ち抜いて自決するシーンは切なくて泣ける。

18 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:19:14.40 ID:hB/aDtE90.net

子分肌

19 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:20:32.00 ID:nKxHi/0L0.net

>>16
ピンクが好きなんだろう

20 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:21:31 ID:hB/aDtE90.net

>>16
つ身長

21 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:24:04.59 ID:IDvSJwn/0.net

ソナチネ
逃亡者木島丈一郎
空の穴

22 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:26:38.28 ID:MFM3tFo20.net

テレビでゲスト出演とかで観ると、小物感満載だし頭悪そうなんだよな人としては好きなうえで言うけど

23 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:28:46.08 ID:16sv9QzK0.net

わかりやすいバカ

24 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:35:53.72 ID:k2c71vfk0.net

松田優作なんて大根じゃん
原田芳雄ならわかるけど

25 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:39:39.55 ID:Zpiqy9Oo0.net

いつも料理自慢のキャラを演じている印象

26 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 05:57:43 ID:lZ+xxh7m0.net

格好悪

27 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 06:03:00 ID:+EP4yovp0.net

川谷拓三とか成田三樹夫とかが亡くなって段々いい俳優がいなくなるなあって喪失感あってしばらくしてソナチネでこの人を見た時あぁいなくなる才能もあれば出て来る才能もあるなぁって思ったよ

28 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 06:07:22 ID:GAbpgCHM0.net

岩城滉一の上位交換

29 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 06:08:32 ID:ocm0i3j10.net

歌舞伎町に居そうだな

30 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 06:13:01.98 ID:EMB2odby0.net

深川とは知らんかった

31 :名無しさん@恐縮です:2020/06/07(日) 06:16:27.31 ID:UJNHCC750.net

こんなわかりやすく干された人は珍しい





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS

新着記事

スポンサーリンク

 

アーカイブ

カテゴリー