【モータースポーツ】バーチャル・ル・マン24時間レースを、レベリオン・ウイリアムズの1号車が制す トヨタ8号車が11位 [THE FURYφ★]





1 :THE FURYφ ★ :2020/06/15(月) 08:42:12 ID:cj1AoCDh9.net
世界中から超豪華ドライバー・シムレーサーがバーチャルで一堂に会し、開催された史上初の試みである『バーチャル・ル・マン24時間レース』。
24時間のレースが無事に終了し、レベリオン・ウイリアムズ・eスポーツの1号車が総合優勝を果たした。

サーバートラブルが原因でレース残り4時間30分の時点で赤旗が出され、残り3時間30分を前に再開となった終盤戦。LMP2クラスは同一周回の1号車、
レベリオン13号車、バイコレス4号車が総合優勝を巡って激しいバトルを繰り広げた。

そんな中でも、赤旗中断前から大きなリードを築いていたレベリオン1号車はふたたび差を広げていき、首位の座を盤石なものにしていった。
バイコレス4号車は、一度はレベリオン13号車を交わし2番手に上がったものの、残り2時間30分の段階で抜き返され3番手へと下がった。

残り時間が1時間を切ると、多くのチームが”エース”のシムレーサーにマシンを託し、トップ争いはさらに激化。レベリオンの2台は最後まで
走り切れるかどうかギリギリだと思われる残り時間38分ごろにピットインした一方、バイコレス4号車はそれよりも1周遅くピット作業を済ませた。

バイコレス4号車がコースに復帰した時点で、トップのレベリオン1号車との差は約20秒。2番手のレベリオン13号車とは1秒というギャップだった。

4号車は13号車のテールに張り付き、熾烈なバトルを展開。残り20分というところで、13号車がダンロップカーブで膨らんだスキを見逃さず、
4号車がオーバーテイクするも、13号車も追いすがりインディアナポリス・コーナーで抜き返した。しかし4号車はポルシェ・カーブでサイドバイサイドの
バトルを仕掛け、見事にオーバーテイクを完遂。1周に3度のオーバーテイクが行なわれたバトルを制した。

だが、4号車は20秒ほどあった1号車との差を削り切るには至らず。結局レベリオン1号車はガス欠を起こすことなくチェッカーを受け、総合優勝を飾った。

トヨタ勢は、レース序盤にクラッシュを喫した8号車が11位まで挽回。一時はトップ争いも演じたトヨタ7号車は、14位でのフィニッシュとなった。

GTEクラスは、ポルシェ・Eスポーツ・チーム93号車がクラス優勝。終始安定した走りを見せ、2位のアストンマーチン・レーシング95号車に1周差をつけた。

https://news.yahoo.co.jp/articles/4c28f7242a2d085d6af1d6c54dd0ed20b27d19b1

2 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 08:44:35 ID:eSH66aly0.net

ジャップww

3 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 08:46:17.16 ID:0YUIMZbv0.net

>>1
Youtubeで見れないのか?

4 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 08:50:08.04 ID:IZP36rrP0.net

見た目はかなりリアルなんだな

5 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 08:51:59.24 ID:MCkH3VHv0.net

コナミのル・マン24の筐体でホームレスが寝ててビビった

6 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:04:09 ID:pMZ24srf0.net

レベリオン・ウイリアムズ

7 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:08:53 ID:tcVqYgLV0.net

F1もやってたけど、ダメージ無しだからガツガツしてて面白かったな
オーバメヤンやクルトワとか出てたし

8 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:09:08 ID:AWLpGWWX0.net

意味あんの?

9 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:13:15 ID:7BMNCGFM0.net

いやーこれ面白かったわ

10 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:13:44 ID:7YUaIMTv0.net

耐久性の評価が薄いルマンに意味はあるのか
耐久力を削ってでも加速する指示を出すかどうかという
ギリギリの駆け引きが無い

11 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:22:43 ID:sFD5EwQu0.net

ルマンなんてダメージを競うんじゃないの?

12 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:24:07.37 ID:gGuBxReZ0.net

8耐もヴァーチャルに

13 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:32:08.17 ID:eGNp7zW00.net

車椅子でガン・カタ使うのかと

14 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:41:17.06 ID:N0Eiftzx0.net

シムはrFactor2(2013)なんだな グラフィックは二の次、挙動第一という「わかってる感」がいいね

15 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:49:05 ID:SZgYRH3g0.net

基本マシンの差が無くてドライバーのテクニック勝負って考えていいのかな

16 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:51:42.47 ID:TR2R8XBq0.net

いいとこまで行ってあああマシントラブル―――みたいなのがルマンじゃないの

17 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 09:53:54.96 ID:TR2R8XBq0.net

サスペンションパーツ一つ一つの重さ長さから挙動をシミュレートしてるのがrFactor
今でも初代1で通用する
(路面などで2のデータが上回る)

18 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:00:28 ID:xKuMRDZ/0.net

予定されていたサーバートラブルww
クソすぎww

19 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:00:51 ID:TR2R8XBq0.net

車の挙動と荷重のグリップ変化とか、XPとかMeのころからもうできてるんだよね
(もちろんMicrosoftの電磁ハンドルコントローラーありきの表現)
路面の詳しいデータとかマシン造形とかストレージ量のレベルは後発有利だけど

20 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:02:51.84 ID:TR2R8XBq0.net

ああと空力ももちろんだけど
いかにF1コースやニュルを一般ハッチバックで走ったら何でもないところでコントロールを失うことがわかるし
限界の扱いも覚えることができるという

21 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:16:31.24 ID:1I2CnhdZ0.net

Jスポでやってたけどゲームは糞グラだった

22 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:21:43 ID:se2H9cWw0.net

運転するにはドライバービューじゃないと感覚を掴めないので
車がどう見えるとかはドライビングテクニックのために動かしてる人間には関係ないんだよ

23 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:27:50 ID:mJEnLzLb0.net

クラッシュしてはがれたカバーとかをガムテープで補強しても、
数週ではがれてまたピットとかのぐだぐだ感を再現してほしい

24 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 10:51:33 ID:y80Ldt9V0.net

結果から見ても所詮はゲームなんだよなぁ
現実のレースとじゃ乖離してて話にならんわ

25 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 11:10:38.45 ID:dO5/Cy5p0.net

足回りの調整以外はワンメイクってことでいいの?

26 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 11:26:35.01 ID:sNB1jbi60.net

無意味だよな
寸止め空手みたいなモノ

27 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 11:29:43 ID:0YUIMZbv0.net

>>26
実際に殺さなければ意味がないってそれじゃ武道も兵法も全否定だろw

項羽みたいな奴だなおまえはw

28 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 11:34:39 ID:wFnBBikB0.net

故障やクラッシュして自走でピットまで帰ってこれるか?
そして修理を終わらせてレースに復帰できるか?
ル・マンなんてそこが一番の見所なのに

29 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 11:56:17.54 ID:qx6qkd7V0.net

レビン24時間

30 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 12:27:33 ID:N5nx6dbe0.net

レベリオンのワンツーじゃなかっただけよかったな
バイコレス誰か知らんけどよくやった

31 :名無しさん@恐縮です:2020/06/15(月) 14:40:57 ID:sNB1jbi60.net

>>27耐久レースを解ってねえな
スプリントじゃねえだろ
項羽とか的外れもいいとこ





コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

RSS

新着記事

スポンサーリンク

 

アーカイブ

カテゴリー